不動産業者に支払う仲介手数料とは?

賃貸アパートや賃貸マンションを借りるときは、不動産業者を通して契約しなければなりません。賃貸物件を借りる際の契約は賃貸借契約となります。一般的には不動産業者を契約するのではなく、賃貸物件の大家さんと借主との間で契約を結びます。契約は最終段階に行われるものであり、そこまでには物件を紹介したり入居のための審査を行ったりと、大家さんと借主との間の橋渡しをするのが不動産業者です。その報酬として支払うのが仲介手数料となっており、賃貸物件の仲介では通常借主側から受け取ることになっています。仲介手数料の金額については、契約を結ぶ物件の家賃1カ月分となります。例えば家賃が10万円で設定されている賃貸マンションを借りるのであれば、仲介手数料は10万円と消費税になるのです。家賃が5万円なら手数料も5万円プラス消費税となります。

不動産物件を借りる際の初期費用は仲介手数料だけ?

賃貸マンションを借りるときは、どの位の費用がかかるのか気になりますね。近々賃貸マンションを借りる予定がある方は、あらかじめ費用を計算して支払う準備を整えておかなければなりません。不動産業者に対して支払う初期費用の内訳をチェックしてみましょう。インターネットの賃貸物件情報サイトや不動産情報誌を見てみると、初期費用についての案内が載っていることがあります。賃貸物件といえば敷金と礼金が基本となりますね。敷金は借りていた賃貸物件から退去するときの原状回復にあてられるお金です。礼金は賃貸マンションのオーナーに対して支払うお礼金となります。また、賃貸マンションを紹介した業者に対しては、仲介手数料として家賃の1ヶ月分を支払います。最近は仲介手数料を取らない物件や業者もあるので、賃貸物件情報サイトなどを利用して探してみるといいでしょう。

賃貸で不動産の仲介手数料を節約するのは得か否か

不動産を買ったり借りたりする場合には所定の仲介手数料が発生します。この費用は賃貸で家賃の一ヶ月分と安い金額ではありません。そこで手数料を節約する為に直接取引を試みる人もいるかもしれませんが、注意点が一つあります。直接取引した場合にはトラブル時には不動産業者が間に入ってくれないという事です。賃貸、売買何れの場合にも標準的な取引契約書があり、通常の不動産取引においてはその契約に従って行われます。また不動産業者に問題が無い限り、トラブルの頻発する大家は何処の業者でもリスク回避のため扱われなくなります。言い換えれば直接取引をする場合にはそれらのリスクを全て負わなければならないのです。たとえ問題ない大家さんでも長く住む場合には意見の相違からトラブルが発生する可能性が出てきます。また日本の場合初めにきつい交渉をするとその後の人間関係がギクシャクしがちです。ですので慎重な対応が必要となります。