不動産業者の仲介手数料の根拠

国土交通省が定め、不動産業者が報酬の計算の根拠にしているのが,「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額」です。ここで定めているのは売買又は交換の媒介に関することだけではありません。売買又は交換の代理に関する報酬や貸借の媒介に関する報酬、貸借の代理に関する報酬なども定めています。この額は改正されることがあります。最近の改正、つまり、最終改正は、平成二十六年二月二十八日でした。これは消費税が増税したからです。5%から8%に上がったからです。もし、消費税がまた増税したらどうでしょう。8%から10%に上がったら、また、不動産業者の仲介手数料はその分だけ上がることになるでしょう。でも消費税法第九条第一項本文の規定によって消費税を納める義務が免除される事業者があります。

不動産の仲介手数料について

マイホームを購入する際に仲介手数料が必要です。手数料の計算方法は物件価格が3000万円の場合、3パーセントに6万円を足した金額ですので96万円になります。最近では平日に成約した場合、割引する業者もあります。個人間で取引することも可能ですが仲介業者を入れることで宅建業法に乗っ取った取引で安心してマイホームを購入出来ます。また業者を間に入れた場合、契約する際に宅建主任者から重要事項説明があるため入居前に知らなければいけない物件の情報を教えてもらうことでトラブルなしで購入することが出来ます。不動産の売却を検討した場合、不動産業者は売主と買主の両方から仲介手数料を貰うことが出来ます。両方から手数料を貰うことが不動産業者の醍醐味だと言えます。簡単な取引は少ないですが続けていることで両方貰える取引も経験出来ます。

不動産の仲介手数料が安くなる理由

仲介手数料とは、賃貸物件を紹介してくれた不動産に支払う手数料のことを言います。だいたい家賃の1ヶ月分というのが一般的だと思われます。なぜなら宅建業法によって不動産がもらえる仲介手数料は最大賃料の1ヶ月分と決まっているからです。不動産会社が仲介の手数料を受けとる他に、広告料も受けとることができます。この広告料は物件によってはないところもあります。ある時はそこでもお金をもらえるので、代わりに仲介する手数料を受け取らないということもあるので、その時に仲介手数料が安くなったりまたは、無料になることもあるのだそうです。1ヶ月分の家賃で高いと思うかもしれませんが、法で決まった額の限度額を受け取っているのでどうしても手数料を安くしたい場合は、そのような表示をしてある物件を探すべきと思います。しかしあまり交渉しても難しいので別の部分で値下げを頼むほうがよいのではないかと思います。